一生秘密ブログ

20代でギャンブル依存症、借金、自己破産を経験しました。今同じ悩みを持つ方のお役にたてれば幸いです。

ギャンブル依存症の金銭感覚の特徴

こんにちわ!

こちら見て頂きありがとうございます。

 

いきなりですが、ギャンブル依存症の人は

ほぼ100%金銭感覚がおかしくなってると思います。

私がそうでした。

 

そもそもおかしくなってなければ

1時間で何万円も無くなる可能性が高いものに手を出す事はありません。

 

今回はそのギャンブルで狂ってしまった金銭感覚の特徴と、

普通の方の金銭感覚との違いについて見ていきたいと思います。

f:id:NICK8000:20180803234536j:plain

 

 まず、普通の人の金銭感覚はどうなの?

 

となると当然ですがこれは収入によって変わります。

年収1000万の人と500万の人では使えるお金がそもそも違いますよね。

 

1ヶ月の娯楽費の相場を調べてみると、大体収入の2割位だそうです。

 

全てギャンブルに使ったとすると

手取り月20万⇒4万円

手取り月30万⇒6万円 となります。

 

 

足りるかー!!と言いたいですね。

スロットなら一回天井くらうだけで一か月分が終わります。

 

実際はここに勝ち分が入りますが、

まぁキツイ事に変わりないでしょう。

f:id:NICK8000:20180803234618j:plain

 

 

次はより具体的に考えれるように、『時給』で考えてみます!

 

ザッと調べると3大都市のパート、アルバイトの

平均時給が約1000円の様です。

 

つまり、1時間怒られながら一生懸命働いた価値が1000円。

これがパート、アルバイトの方の普通の金銭感覚です。

 

 

1万円の服を買う時には、

『俺が1日曜頑張って働いた分でこれが買えるのか』

と考え、納得すればお金を使います。

 

 

ですが、この感覚がギャンブル依存症だと狂ってしまいます。

 

依存症だった昔の私は、借金していた事もあってか

3万までは今日は負けても良いかなーとか考えて

1000円なんか無くなっても気付かない程度でした。

 

1000円と言えば、普通は1時間頑張って働く対価の金額です。 

 

皆さんはどうでしょう?

 

スロット好きな方に1000円の重みとは、と語るのはナンセンスかと思いますが、

 

もしそれでお金を使い過ぎて困っているのであれば

今後治し方を書いていくので参考にして下さい。

 

見て頂きありがとうございました!

それでわ!