一生秘密ブログ

20代でギャンブル依存症、借金、自己破産を経験しました。今同じ悩みを持つ方のお役にたてれば幸いです。

ギャンブルを辞められない3つの要素~不正のトライアングル~

f:id:NICK8000:20180727214308j:plain

こんにちは!

こちら見ていただきありがとうございます!

 

ギャンブル依存についてですが、

皆さんは適度なギャンブルとの付き合いが出来てますか?

 

私はこの適度な付き合いが出来なかったために多重債務に陥りました。

 

普通に考えれば、メーカーもより依存しよりのめり込む様に作ってるので、

普通にしていれば依存しちゃうんでしょうね。

 

ちなみに私は一番依存が酷い時には、

ジャグラー(スロット)のランプが光っている画像を見て心を落ち着けていた事があります。

 

今思うと相当ヤバいですね・・・。

 

適度にギャンブルを楽しんでいる方は問題ないのですが、

借金してでもやってしまう方、家族に止められても辞められない方

はご自身がギャンブルをやってしまうメカニズムを知っておきましょう。

 

ギャンブルをやってしまうメカニズム

ご参考にしていただきたいのは、アメリカの犯罪学者であるD.R.クレッシーが実際の犯罪者を調査して導き出した「不正のトライアングル」理論です。

 

これは企業のコーポレートガバナンスの教育等にも用いられている、

人が不正をしてしまう理論です。

 

なんだかややこしいな。

そもそもなんで犯罪者の理論なんだよ!!

 

と思われるかもしれません。

 

ただ「やってはいけないとわかっているのにやってしまう」という点で、この「不正」を「ギャンブル」に置き換えると大変わかりやすかったので、参考にしています。

 

実際にこれをギャンブルに置き換えると下記の様になります。

 

f:id:NICK8000:20180911231009p:plain

ギャンブル依存のトライアングル

このギャンブルをやってしまうトライアングルは

「機会」「動機」「正当化」から成り立ちます。

 

1.機会

「機会」は、ギャンブルの実行を可能、容易にする客観的環境の事です。

つまり、ギャンブルをやろうと思えばいつでもできるような環境のことです。

 

例えば

・近くにパチンコ屋がある

・仕事帰りに暇がある

・ちょうど給料日でお金がある

等が、これにあたります。

 

2.動機

「動機」は、ギャンブルをすることを欲する主観的事情の事です。

つまり、自分の望み・悩みを解決するためにはギャンブルをするしかない

と考えるに至った心情のことです。

 

例えば、

・仕事のストレス発散の為

・お金がないからお小遣い稼ぎ目的で

・好きなアニメの新台が出たから

等が、これにあたります。

 

3.正当化

「正当化」は、ギャンブルを積極的に是認しようとする主観的事情のことです。

つまり、自分に都合の良い理由をこじつけて、

ギャンブルをする時に感じる「罪悪感」を乗り越えてしまうことです。

 

例えば、

・勝てばいいから

・どうせ仕事で稼げないし

・誰にも迷惑かけてないから

等の言い訳が、これにあたります。

 

トライアングルから見出す依存症の克服方法

どうでしたか?

当てはまる部分はありますか?

 

これはトライアングルになっているので、

この3つの要因がそろうと行動を起こしやすい

 

裏を返せば、

どれか1つの要因でも潰せれば起こりにくくなる。

 

というものです。

 

 

もしギャンブル依存に悩まれている方はご参考にしてください!

 

改めて言いますが、

自制心があり、ギャンブルとうまく付き合えている方は辞める必要なんかありません。

 

ただ私の様に、

借金をしてまで・・

辞めたいのに・・

という方はご自身の状態を今一度見つめなおしてください。

 

一緒に戦っていきましょう!

 

読んでいただきありがとうございました!

それでは!