人間がギャンブルにハマってしまう理由がわかった件

こんにちは!

こちら見ていただきありがとうございます!

 

ギャンブルは様々な人の心理を突き、多くの人がのめりこむ様に作られています。

 

実際にギャンブルをやっている際は誘導されている実感はありませんが、いざ離れようと思っても離れにくくするようになっています。

 

なので私からギャンブル依存症を克服するなら知っておくべき心理学をいくつかご紹介していきたいと思います。

テストしてみましょう

早速ですが、下記の画像を見てください。

 

線

 

上下どちらの直線が長く見えますか?

 

 

正解はどちらも同じ長さです。

 

恐らく下の直線が長く見えたのではないでしょうか

 

これは目の錯覚を利用した図になっており、

 

同じ長さの線の両端に矢羽を付けた場合に

内向きに付けると線は短く見えて、外向きに付けると線が長く見えるというものです。

※本当か気になる方は一度自分で同じ線を書いてみてください。

  

この様に、世の中には絶対そうだと思い込んでいても

実際は大きな勘違いである、という事が多々あります。

 

そこで今回は

ギャンブルをするなら知っていてほしい心理学』をご紹介したいと思います。

※先程の図は心理学とは関係ありませんが・・笑

 

publicdomainq-0002307eym.jpg

何故ギャンブルにハマってしまうのか

『何故ギャンブルにハマってしまうのか?』

の心理学をご紹介します。

 

私も調べてビックリしたんですが、

ギャンブルの依存性は心理学で説明できるみたいですね。

 

ギャンブルに夢中になる理由は『部分強化』というものになります。

 

この『部分強化』とは

毎回報酬がもらえるよりも、たまに報酬をもらえる方が夢中になる

というものです。

 

これはスキナーという学者さんが動物実験で証明し、今では様々な現場で応用されています。

 

この実験とは

 

レバーを押すと餌が出る事をネズミに覚えさせた後、

レバー押せば毎回餌がでるA群と、

レバーを押せばたまに餌がでるB群に分けて

それを繰り返してから

レバーを押しても餌が出ないようにします。

 

そうすると毎回餌が出てきたA群はすぐにレバーを押すのを辞めたのに対し、

たまに餌が出てきていたB群はずっと餌の出ないレバー押し続けたそうです。

 

こわッッ!!

 

って思いましたが、自分のことでした。笑

 

ネズミの実験だからヒトは違うんじゃない?

って思いましたが、実際に人の教育現場や様々なところに応用されているようです。

 

例えば皆さん『アメとムチ』って言葉をご存知ですよね。

ずっと怒るより、たまに褒めてあげると頑張るってやつです。

 

これも『部分強化』らしいです。

 

ドンドン恐くなってきますよね。

 

だからギャンブルにハマる理由も、

意志が弱いとかそういう問題じゃなく

元々動物が夢中になるように出来てたんですね。

gahag-0046769973-1.jpg

ギャンブルの部分強化を止める方法 

ちなみにこの依存を断ち切る方法があります。

 

それは別の『部分強化』を作る事です。

 

例えば仕事で高い目標に挑戦したり、

難しいゲームをやってみたり、

たまに返事が来るくらいの、ハードルの高い恋愛なんかも良いかもしれませんね。

 

それをする事でギャンブルに対する『部分強化』を薄くするわけです。

 

ちなみに以前私がご紹介した、私がギャンブルを辞めれた方法〜実践編〜の中で

ギャンブルがない生活の中で『楽しい』が見つかった瞬間、半分は離脱成功しています。』

とお伝えしたのがまさにこれになっています。

 

ギャンブル以外のビジネスでも、

ソシャゲのガチャなんかもまさにこの理論なんですよね。

 

この理論がわかったからといって

すぐどうこう出来る問題ではありませんが、

ギャンブルをする方はご自身を客観視する際に知っていて損はないと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました! 

それでは!