ギャンブル依存症のトリセツ

gahag-0080851029-1.jpg

こんにちは!

こちら見ていただきありがとうございます!

 

このギャンブル依存症についてのブログを見ていただけているという事は、

ご自身がそうなのか、もしくは身近な人がそうなのかもしれませんね

 

今回は本人ではなく、周りの方に向けた『ギャンブル依存症の人はどんな事をして、

何を考えているのか』について、取扱説明書として書かせて頂きます。

 

実感している本人が見ると、ただのあるあるだと思いますがご容赦ください。

ギャンブル依存症の取扱説明書 

1.嘘をつきます

悪気があるわけではありません。必死なんです

 

2.隠し事をします

堂々とできません借金もコッソリします

 

3.怒りっぽくなります

負けることが多いんです後で反省するので許してください

 

4.急に元気がなくなります

将来を考えると不安でたまりません

 

5.急に調子がいい日もあります

大勝ちした日は全ての借金を返せるのでは、と前向きになります

 

6.「ギャンブル辞めてよ」は聞きたくありません

辞めれるならとっくに辞めてます人生の1番の楽しみを奪わないでください

 

7.お金を貸してくれると天使に見えます

本当に感謝してますきっとこの人は次も貸してくれるはず

 

8.怒らないでください

この人といるとギャンブルが出来ない、そう思ったら関係を絶ってしまうかもしれません

 

9.一日中ギャンブルのことを考えています

あなたのことに興味がない訳ではありませんただギャンブルの事が最優先なのです

 

10.本当はギャンブルを辞めたいと思っています

負けた時に辞めたいといつも思いますただ朝起きたらもう行きたくてしょうがないのです

 

 ご家族の方へ

10個だけですが取扱説明書としてはある程度網羅しているのではないでしょうか。

  

依存症になったことがない方にはこれを100%理解することは無理です。

 

何とも言えない自己嫌悪感。 

自分なんて・・と思っても次の日には急にポジティブになり同じ繰り返し。

何とかなる、何とかなる、で気付けばなんともならない所まで行ってしまいます。

 

周りの方は良かれと思っていろいろされるでしょうが、正論をぶつけても、ほぼとめることはできません。

 

そして1度とめれなければ、罪悪感で相手は次からは隠すようになり、嘘もつくようになり、やがて関係が悪化し離れていく可能性があります。

サポートの方法

f:id:NICK8000:20180803233404j:plain

もし身近な方で辞めさせたい場合は下記の記事を参考にしてください。

 

www.issyouhimitu.com

 

 出来るだけ別の「楽しい」に気付いてもらう為に

 

夜一緒にゲームをするのも良いでしょう。

※できれば続きが気になるようなものがお勧めです

 

一緒にシリーズもののDVDを見るのも良いでしょう。

 

一緒に旅行に行ってみるもの良いかもしれません。

 

この様に継続的に気になるようなもので、他に興味を向けれるようにサポートすることが一番かと思います。

 

本人が自覚されていない場合は、ゆっくり時間をかけて、ギャンブルよりも楽しいものがあるんだと意識を持ってこさせる他ありません。

 

また、もしご家族だけでサポートが難しい場合はGA等を紹介してみるのも良いかもしれません。

 

そんな悠長なこと言ってられない、犯罪を起こすかも、自傷に走るかもというレベルであれば、拘束・薬での症状緩和が最優先かと思うので

 

ギャンブル依存症で病院に行く場合の治療と費用についてでは否定的には書いておりますが、病院に連れて行く事も考えるべきかと思います。

 

本人だけでなく周りも巻き込みやすい病気なので、ご家族の方も大変かと思いますが、不治の病ではありません。ましてや体は健康です。

 

これからいくらでもやりなおして、一緒に楽しいことを出来るはずなので前を向いていきましょう!!

 

こちら見ていただき、ありがとうございました!

 

それでは!