一生秘密ブログ

20代でギャンブル依存症、借金、自己破産を経験しました。今同じ悩みを持つ方のお役にたてれば幸いです。

痛いの痛いのとんでいけ・・

f:id:NICK8000:20180718230633j:plain

こんにちは!

こちら見て頂きありがとうございます!

 

子供の頃ケガをした時に「痛いの痛いのとんでいけ~」をしてもらって痛みがなくなった経験はありますでしょうか

 

私も子供がコケて大泣きしている時によくしますが、すぐに泣き止んで、その後は面白がって「飛んでけー」と痛みを飛ばしています。

 

痛みを飛ばす先ですか?

もちろん私にです。

 

今回は痛いの痛いのとんでいけについて書かせて頂きます。

そもそも効果はあるのか

結論「痛いの痛いのとんでいけ」で痛みが軽減する事は証明されているようです。

 

理由としてはいくつかあり

「さすってもらえるから」

「意識が違う方向に向くから」

「痛みが飛んでいくというイメージ効果」

等が言われておりますが、それらを含めて最も集約される意味合いがプラセボ効果という物です。

 

プラシーボ効果とも言われますが、ただの発音の違いなので無視します。

 

この意味合いとしては全く効果がないもの(偽薬)でも「効果があるかもしれない」と思いこむことにより、本当に効果が出てしまう。という物です。

 

医学的にも証明されており、実際に薬の効果を見る試験でも比較対象によく偽薬が使われますが、対象薬の偽薬の方が効果が高く出てしまうという事は良くある話です。

 

つまり「痛いの痛いのとんでいけ」は本当に飛んでいくと信じていれば飛ばすことができるという事ですね。

 

更に言えば、飛ばされる側のリアクション度合いも重要であるという事です。

・・はい、頑張ります。

人間の思い込みの力

思い込みの力という物は非常に大きく、ジムに通われている方ならわかるかと思いますが、

 

筋力トレーニングをする際に「どこに効いているのか」「どの様な肉体になるのか」という意識をしている人としていない人では、筋肉のつき方に大きく差があったという話もあります。

 

更にはコロンビア大学の実験で、催眠状態の被験者に

「今からアイロンを当てる」と告げて、全く熱くない鉛筆で触れてみると

 

被験者は「熱い」と叫び、額には実際に火傷の跡が浮き上がってきた、という話もあります。

 

「思い込み」は言葉を変えれば「信じる」事です。

 

あなたは自分のやっていることを信じれいますか?

ギャンブル依存症に活かしたい

思い込みの力を使えば、ただの小麦粉で乗り物酔いや、抜歯後の激痛を無くすことも可能です。

 

なので、この思い込みを活用して、ギャンブルを辞める方法に繋げれないかと私も考えてみました。

 

重要なのは「思い込む・信じる」事なので、私の言葉だけでは正直きっかけを作る事くらいしかできないかと思います。

 

そこで!

思いつきました!

 

皆さんが

「ギャンブルをしたいとき」

「辛いとき」

「苦しいとき」

その気持ちを私に飛ばしてくれませんか?

 

例えば

「(ギャンブル)したいのしたいの(NICKに)とんでけ~

ツライのツライのとんでけ~

 

何でもいいです。私に飛ばしてください。

 

ただし

本気で思い込んでくださいね。

 

改めて言いますが、この効果は医学的にも証明されている内容で、本当に効果があります。なので、本気でイメージして飛ばしてみてください。

 

私も本気で受けとめます。

 

今はバカにしてても構いません。

ですが、本当に困った時は一度試して下さい。

最後に

正直どんなネガティブな物が飛んでくるのか不安で震えております。

 

ただ、私は見て頂いている方のギャンブル依存症の症状改善、ツライ気持ちを無くして頂く為にブログをやっていますので、

気にせず飛ばしてください

 

あ・・でもワラ人形とかの本気のやつはチョット・・。

 

・・と、書いている段階で既に全身痛くなってきました。

 

いや、どうぞ気にせず・・飛ばしてください。。。

 

それでは。。