一生秘密ブログ

20代でギャンブル依存症、借金、自己破産を経験しました。今同じ悩みを持つ方のお役にたてれば幸いです。

『休み明けの仕事が嫌すぎる』明日からの対処法

f:id:NICK8000:20180722220150j:plain

こんにちは!

こちら見て頂きありがとうございます!

 

皆さんは休み明けの仕事を嫌に感じたことはありますでしょうか?

 

働いている方なら当然の感覚かと思いますが、この症状を巷では「サザエさん症候群」や、海外では「ブルーマンデー」等とも言われております。

 

サザエさんからしたらとんだ迷惑なネーミングですね。笑

 

意味合いとしては、日曜日の終盤に明日から仕事をしなければならないという現実に直面して憂うつな気分になる症状の事です。

 

今回はその週明けの憂うつな気分について書きたいと思います。

週明けの世間の反応

休み明けの仕事という物は誰でも嫌になるものです。

 

実際に「休み明け 仕事」で調べてみると、

f:id:NICK8000:20180717163152p:plain

このようなネガティブな検索候補が沢山出てきます。

 

仕事に行きたくないあまり「休みたい」更には「頭痛」まで起こっている人も多いことがわかります。

 

休みを心待ちにしていた分、終わってしまうと寂しいものです。

 

ただ、この寂しさが憂うつな気分を引き出して、爆発してしまうケースがあります。それには注意が必要です。

 

厚生労働省のHPにも載っておりますが、実は休み明けが最も自殺者が多いというデータがあります。

 

きっと休みが終わる前からずっと「嫌だ、嫌だ」と考え、爆発してしまったのではないでしょうか。

営業マンの週明けの仕事

私も休み明けの仕事は嫌になります。

 

手帳で休み明けの予定を見ると、

9:00~ Web会議

10:00~オフィス会議

10:30~スキル研修

12:00~顧客アポイント等・・・

 

どれだけ会議が好きなんだ、というところですが、営業マンの方であればわかるかと思いますが、

 

週の初めは計画進捗の確認や他社状況の確認などで会議されるところがほとんどかと思います。

 

そうです。計画の進捗が悪いと、ほんとに行きたくないんですよね。。笑

 

それぞれの会議でプレゼン等もありますし、無事にうまくいく保証もありません。

 

スケジュールもパンパンで、なにか1つでもつまづいたら崩れていきそうで、確かにストレスです。

 

まともに考えればストレスで吐いてるうちに1日が終わりそうですが、実際はそうではありません。

 

何故でしょうか?

 

それはその逆の日にヒントがあります。

 

花金

 

花の金曜日です。

花金の力を借りましょう

休みが終わる日があるという事は、仕事も終わる日があるという事です。

 

それが俗にいう「花の金曜日=花金」ですね。

 

今日で仕事が終わる!という事で、少々疲れていても頑張れる力が湧いてくる1日です。

 

この日に週明けの仕事をしてしまうのです。

 

私であれば、プレゼン資料は作っておき顧客の面談資料は揃えて鞄に入れておきます

 

そうすれば休み明けの仕事が減り、週末の嫌な気持ちを減らす事が出来ます。

人間関係が原因の場合

f:id:NICK8000:20180722220603j:plain

ただ休み明けの嫌な気持ちが「準備」では片付けられない内容であればどうしましょう?

 

最も多いであろう内容が「人間関係」ですね。

 

仕事の人間関係はモラハラ、パワハラ、セクハラとハラスメントの危険であふれています。

 

 ここで即効性のある対策は2つです。

 

1 イメチェンする

2 先手を打つ

 

では1つずつ見ていきましょう。

1 イメチェンをする

髪形、服装、身に着けている物を週明けに変えていくという事です。

 

これは、自己暗示キッカケづくりの意図もあります。

 

週の初めに「新しい自分」としてスタートを切る事により、前までの関係性を作り替えやすい様に持っていきます。

 

これを周りが気付く程にすることにより「あれ?何かあったのかな?」と思うでしょう。

周りからすると外見だけではありますが、確実にあなたが変わって見えるはずです。そして頭の中に残るのは「あいつ変わったな。」という印象です。

 

そこであなたと話して実際にいつもと違えばどうでしょう

 

「あ、やっぱりなんか変わった。」

となるはずです。

 

つまりはこの大きなイメージチェンジをすることにより嫌だった人間関係をかえる「きっかけ」を作る事が出来ます。

 

2 先手を打つ

どんな嫌な事でも、どんな嫌な相手でも必ず先手を打ちましょう。

 

私も10年以上格闘技をやっておりましたが、先手必勝という物は常に感じていました。

 

何故か?

 

相手にプレッシャーを与えれるからです。

 

基本立場の弱い人は後手後手になりがちです。なので、先手を打って相手の様子を伺いましょう。

 

これを格闘技ではなく、仕事に置き換えると「あいさつ」です。

 

どんな嫌な相手でも、目を見てハッキリとした声で

「おはようございます」

と、こちらから先に言いましょう。笑顔も出来れば100点です。

 

どんな嫌な相手でも先に100点のあいさつをする事で

「ん?あれ?なんだあいつ」

 

と次の一手が出にくくなるはずです。なんなら変な敗北感すら感じてしまうかもしれませんね。

 

先手を打てたのであれば間違いなく優位な立場に立てています。

 

あとは状況に応じて「相談」「話し合い」をこちらから持ちかけることも良いでしょう。

 

基本、後手にまわらなければ人間関係も悪いようには転がりません。

最後に

前週に仕事を残していたり、休みがとても楽しかったりすると誰でも仕事は嫌になるものです。

 

でも、ふと冷静に考えると、よほどの仕事人間でない限り、職場にいるほとんどの方も同じ気持ちなはずです。

 

出勤までは少しでも肩の力を抜いて、出社後は大きな声の挨拶で自分自身を奮い立たせてください。

 

仕事初めがあれば終わりもあります。

また平日を乗り切って花金を楽しみましょう。

 

こちら見て頂きありがとうございました!

それでは!