一生秘密ブログ

20代でギャンブル依存症、借金、自己破産を経験しました。今同じ悩みを持つ方のお役にたてれば幸いです。

ギャンブル依存症治療のため病院に行ってみた件~Part6~

f:id:NICK8000:20180822202321p:plain

こんにちは!

こちら見て頂きありがとうございます!

 

今回は5回目のギャンブル依存症のグループ治療に行った件について書かせて頂きます。

 

全6回なので今回を含めてあと2回です。

 

実施内容については【仮想体験】の方で書かせて頂きます

トイレにて遭遇

病院に到着しいつものようにまずお手洗いへ。

 

見たことある人がいるな~と思いながら近づくと、同じ治験メンバーの方でした。

 

「お疲れ様で~す」

 

「ご無沙汰してます。あっこの前言ってたやつなんですけど」

 

と、男性あるあるの用を足しながらの便器トークが始まりました。

 

2週に1度でも顔を合わせていると、こんな自然に話せるんですね。それかやっぱり本音を打ち明けられた仲だからですかね。

 

なんにせよ、この感じが心地よかったです。

参加率が悪い件

その後、一緒に受付に声をかけ会議室に行きました。

 

15分前に到着し、看護師さんたちと「まだ暑い」やら「最近どう」などのたわいのない会話があり、程よい沈黙もあり・・

 

・・・来ない。

 

5分過ぎても他のメンバーが来ない。

 

という事で、今回は2人で始まりました。

 

いつも波乱を巻き起こしてくださる例の「恐い人」が個人的にはすごい好きなんですが、今回はいらっしゃいませんでした。

 

なので凄い普通な会になりました。

 

やっぱり「あーでもない」「これはおかしい」「俺はこう思う」とかのいろんな意見がある方が考えさせられて個人的には好きです。

 

ちなみに、2人なのでさすがに自己紹介はなかったです。

考え方のクセ

今回の内容は「ギャンブル依存症の人は考え方に共通の癖があるから、それを知ってなおせないか見つめなおしましょう」という内容でした。

 

これがすっっっごく面白かったです。

 

依存症特有の考え方リストがあるんですが、ドンピシャで全部当てはまるんです。

 

ちょっと抑えないと危うく全てチェックがつくところでした。

 

で、せーのでもう1人の方と解答見比べるんですけど、全く一緒でした。「うわ~」って全然嬉しくないのに声が出ましたからね。

 

学校のテストが終わった後に友達と答え合わせして「一緒だ」とホッとするあの感覚でした。笑

 

リストの詳細はここでは書きませんが、

「ずっと1が来てるから次は1以外が来そう」とか

「全く外れ続けている台があり、もうすぐ出るだろう」とかがありました。

 

2人でわいわい言うんですが、怖いのが私は未だにそうだと思ってる部分があるんですよね。

 

もう一切ギャンブルはやっていませんが、未だに

「REGが続いてたら次はBIGが出やすい」とか

「パチンコは回転数250~400回転くらいまでが当たりやすい。」とか思っているんですよね。

 

歪んだ認識自身の体験周りの体験談という情報に触れ続けた為、それが当然であると思い込んでいる事に気が付きました。

 

看護師さんは

「私はギャンブルはやったことないんですが、このリストを見ても全くそうだとは思わないし、おかしいなと思います」

と話されていました。

 

やっぱり外の人の声を聞く事は大事ですね。

昔の事を思い出した

この時に昔を思い出したので話してみました。

 

ジャグラーでREGが14連した話。HANABIで1800Gハマった話。最後の1000円でペナルティした時にGODを引いた話。(わからない方すみません)

 

もう1人の人は笑いながら「わかります。私も経験があります。」と聞いて下さるんですけど、

 

看護師さんたちの顔を見た瞬間。

 

・・・あっ、やっぱ自分おかしかったんだ。と気づきました。

 

目の奥が明らかに病人を見る目でしたからねおかげでやっぱ自分おかしかったんだな、と自覚できました。

 

確かに今思えば、そんな嫌なら辞めればよかったな。打たなかったらよかったな。と普通に思います。

 

ただ、その時はそんな発想なかったんですね。

 

人が変わったら後の人が出すという、いわゆる「後ヅモ」されるのが嫌という別の考え方のクセにも犯されていましたからね。

 

思い出すだけで疲れました。本当に、辞めれて良かった。

 

そして、絶対もう戻りたくないです。

最後に

今回は個人的には「思考ストップ法」の次に面白い内容だと思ったので、是非興味ある方は【仮想体験】の方でクセを確認してみてください。

 

ギャンブルしている時に「セオリー」とか「常識」と言われていた内容が、普通の人からすると「何言ってるんだコイツ?」という位歪んでいるようです。

 

治療の現場では

「まぁ確かにそうかも知れないですよね」とか

「私たちも実際の所はどうなのかは判断できないですからね」とかなり言葉を選んで下さいますが・・

 

目の奥は異常者を見る目でした。

 

私も油断せず、歪んだ考えを自覚して、万が一「ギャンブルの渇望」が出た時にでも対応できる様直していきたいと思います。

 

そして最後は全員揃う事を祈ります。

 

こちら見て頂きありがとうございました!

それでは!