一生秘密ブログ

20代でギャンブル依存症、借金、自己破産を経験しました。今同じ悩みを持つ方のお役にたてれば幸いです。

【依存症】「一生飲めない」への一言が衝撃だった件

f:id:NICK8000:20180831153237j:plain

こんにちは!

こちら見て頂きありがとうございます!

 

私は治験でギャンブル依存症治療の病院に通院していました。

 

その時に、依存症専門の看護師さんからアルコール依存症の患者さんの話を聞かせて頂く機会が何度かありました。

 

そこで聞いて衝撃的だった話があります。

 

それは病院に入院してきたアルコール依存症の患者さんに「これから一生お酒は飲めません」と伝えた時の一言です。

 

今回はアルコール依存症の方が「一生飲めない」に対して言った一言が衝撃だった件について書かせて頂きます。

同じ依存症でも少し違う 

私はギャンブル依存症という診断がつきましたが、同じ依存症でもアルコール依存症とは依存症の区分の中ではジャンルが違います。

 

「ギャンブルだけじゃない依存症」でも書きましたが、ギャンブル依存症は「プロセス依存アルコール依存症は「物質依存」とされています。

 

「何か」に依存しているという状態は一緒ですが、「身体への影響」「社会的な影響」などの背景がそれぞれ全く違うようです。

 

ただ病院では、ギャンブル依存症専門のスタッフはまだいない病院が多く、アルコール依存症を対応されている看護師さんがギャンブル依存症の対応もされているようです。

 

なので今回私もアルコール依存症の話を聞かせて頂く機会がありました。

衝撃的だった一言

ある時看護師さんが「辞め続ける為には」という話をされてる時に、アルコール依存症の方の話をして下さいました。 

 

「アルコール依存症も1度なってしまうと、体への影響もある為、一生断酒をしなければいけません。」

 

「そこで患者さんに今後一生お酒は飲めませんと言うと皆さんこう言われます。」

 

  

死刑宣告だ。」

 

それは死ねと言われているのと一緒だ。」

 

と言われるそうです。

 

私にはその話はかなり衝撃的でした。

 

私の場合は病院で「ギャンブルは一生辞めてください」と言われた時には既に辞めていましたので、全然受け入れる事ができました。

 

もし一番依存していた時に同じことを言われていたら自分も死刑宣告の様に感じたんでしょうか・・。

 

アルコールと違って、ギャンブルの場合は体がおかしくなって強制的に入院とかはあまりないですからね。

 

そもそも私の場合は誰にも気付かれずに1人で堕ちて、1人で受け入れて、自分の意志で病院に行きました。

 

既に病気を受け入れた状態だったので良かったですが、自分の病気すら受け入れる事ができていない状態で、「一生駄目」と治療が始まればきっと・・

 

全員敵に見えたでしょうね。

どうやって乗り切ったか

とは言っても、当然そう言っていた方達も徐々に受け入れて、今では何年も断酒しているそうです。

 

自分の人生の中心にまでなっている「依存対象」をそんな状態から、どうやって受け入れて、遠ざける事ができたのか聞いてみました。

 

看護師さんの答えはこうでした。

 

一生というと、皆さん無理です。ですが今日1日だけと言うと、それなら・・という気持ちになって頂けます。」

 

「そして、今日1日だけだ。明日は飲むからな。と言いながら皆さん気付けば5年、10年辞めているのです。」

 

との事でした。

 

確かに、一生辞めると考えれば私なら

 

「毎晩のストレス発散はどうしたら良いんだ。」

 「会社の飲み会はなんて断ればいいんだ。」

 

など色々考えてしまいます。

 

ちなみに私は平均余命で言えばあと約50年生きます。つまり残り18250日なので・・

 

18250日分の楽しみが奪われ、

18250日分の不安に襲われ、

18250回の我慢を覚悟しなくてはいけません。

 

・・・絶対無理です。

 

それを1日だけ、と考えて取り組むことで1歩ずつ離れていくという事でした。

 

確かにそれなら苦しさも、不安も、我慢も1/18250になった気がします。

 

これが「一生飲めない」に対して教えて頂いた話でした。 

最後に

この話は自分の中でも強く残っていたので、今回書かせて頂きました。

 

自分の人生の楽しみがなくなる辛さや、不安、一生なんて辞めれないという意識から「死刑宣告」に感じる。

 

これはギャンブル依存症にも通じる部分かと思います。

 

そして、自分の5年後の将来も想像できてない中で、50年後の話までされれば無理だと私なら思います。

 

それを「今日1日だけ」という意識を持つ事で、向き合っていく勇気や覚悟が出来てくる。

 

これもギャンブル依存症に通じる部分なのではないかと思いました。

 

以上の事から、まずは今日1日をどうするか、そう考えて1歩ずつ積み重ねていくのも良いのではないでしょうか。 

 

こちら見て頂きありがとうございました!

それでは!