【要注意】嘘をつかずに騙す人もいる件

f:id:NICK8000:20180919110614j:plain

こんにちは!

こちら見て頂きありがとうございます!

 

前回【危険】上手な人の騙し方をあえて書いてみる件を書いた事を少し後悔しています。

 

注意喚起のつもりで書きましたが、よくよく考えれば「コイツまた騙してくるんじゃないだろうか」と思われて、素直に見て頂けなくなりそうな気がしてきました。

 

ただ!

せっかくなので開き直ってもう少し書きます。笑

 

もちろん今回は私が騙す事はありません。

 

それでは前回の続きで嘘をつかずに騙す人もいる件について書かせて頂きます。

嘘をつかずに騙すとは?

前回の最後に少し書きましたが「人を騙す=嘘をつく」とは限りません。

 

むしろ最近では、本当の事を言って騙す方が多いように感じます。

 

・・いや、正確には騙していませんね。

 

そう思わせるように仕組んでいますが、肝心な事は明言していないというテクニックです。つまりは勝手に自分から騙されているのです。

 

例えば一時期CMでよくやっていた「グ〇コサミン」がその手法を使っていました。

 

情報はこうです。

f:id:NICK8000:20180919114949p:plain

①膝が痛いとお悩みではありませんか?

②それは膝の軟骨がすり減っていることが原因かもしれません。(真実)

③グ〇コサミンは膝の軟骨成分です。(真実)

④弊社のグ〇コサミンはサメの軟骨から抽出した純度100%です(真実)

⑤元気なおばあちゃん登場⇒「私は80歳でもまだ走れます。」(真実)

⑥このおばあちゃんは弊社グ〇コサミンを愛用されています(真実)

 

こんな感じです。

 

どうですか?

 

間違いなく見た人全員が「グ〇コサミンを飲めば膝の痛みが無くなるんだ!」と思いますよね?

 

ですが、このCMでは一言も「グ〇コサミンが膝の痛みに効きます」とは言っていないんです。

 

ただ、グ〇コサミンを飲んでいる元気なおばあちゃんを紹介するだけのCMです。ですがこのCMでこの商品は爆発的に売れました。

 

これは今でも多用されているテクニックです。

真実は後付する

ちなみに先程のCMをやり始めた当時には「グ〇コサミンが膝関節痛に効果がある」というデータは一切ありませんでした。

 

むしろ

「軟骨成分を口から飲む?それで消化されて血中に移行して、都合よく膝の軟骨形成を促進するはずがないでしょ。そもそも膝の軟骨にそんな栄養補給する血管なんてないんだから効くはずがない。」 

 

という専門家の声多数でした。

 

ですが、出たんですね。効果があるという報告が。

 

その瞬間、各専門家も単に否定できなくなり黙ってしまいました。

専門家である以上データが全てです

 

そして、途端にCMでも今度は「膝の痛みに効きます」と堂々という様になりました。

 

ですが、このデータにもトリックはあります。

 

根本に、そのデータの研究費はメーカーが負担していたりします。

 

それに研究方法も不透明な点が多かったり、心理的なバイアスを取り除く事もしていません。

 

ちなみに、ただの小麦粉を飲んでいても膝の痛みに一定の効果は出ます。(プラセボ効果

 

もしそんな中

 

「これ効きますよ」と言われて渡されていたら。

周りから「痛みがとれた」と聞いていたら。

普段から病院で別の治療も受けている人が研究に参加していたら。

意識が変わって適度な運動も始めていたら。

 

当然の様に効果が出るに違いありません。

 

なんにせよ「商売」だ、という事です。

騙されない為に

そろそろ気付かれたかと思いますが、ギャンブル依存症は「騙す」最高のカモになります。

 

ギャンブル依存性には、効果がある(ない)治療法のデータはほとんどありません。

ほとんどが別の治療の受け売りのデータか、海外のエビデンスレベルの低いデータになります。

 

つまり、今は完全に

 

「騙した者勝ち」の状態です。

 

なのでちゃんとした情報を選んでください。

 

知っておくべき信頼の目安は

 

「情報元の団体が公的なものであるか」

「(高額な)お金を要求しないか」

歴史がある団体か」

「情報が一般的にオープンであるか」

 

が目安となるかと思います。

最後に

まだまだ書き足りないテクニック等が沢山あり、需要があればまた書きたいと思っています。

 

「どうしたコイツ」と思われているかもしれませんが、

実は先日ギャンブル依存症が「商売」にされているのを見かけました。

 

自分が死にたいと思うまで追い詰められたこの病気が詐欺的な商売のカモにされている事が嫌だったので、これは私なりの反抗です。

 

なので、勝手に種明かしをしています。

 

こうゆう時にもっと発信力があればなぁとつくづく思います。

皆さんももし「カモ」になりそうな人がいればそれ危ないかもよ、と教えてあげてください。

 

「不満」「不安」がある所には必ず「商売」が成り立ちます。

 

「病気」はビジネスの場である事も知っておき、何が信用できるのかと考えるきっかけにしていただければ幸いです。

 

ちなみに、先程の目安で言えば私個人のブログの内容は一般的には「信頼度0」です。

ご判断はお任せしますが、少しでも信用頂ければとても嬉しいです。

 

こちら見て頂きありがとうございました!

それでは!