真剣にギャンブル依存症の啓発フレーズを考えた件

f:id:NICK8000:20180923223549p:plain

こんにちは!

こちら見て頂きありがとうございます!

 

依存症に関しては、依存の危険性を注意喚起するキャッチフレーズがあったりします。

 

例えば薬物では「ダメ、ゼッタイ」であったり、アルコールなら飲酒運転関連で「飲んだら乗るな」があります。

 

ギャンブルに関してはまだないそうですね。

 

「パチンコは適度に楽しむ遊びです」

 

というポスターは見たことありますが、相談窓口の紹介とかでしたよね。

 

という事で、今回は勝手にギャンブル依存症の啓発フレーズを考えてみた件について書かせて頂きます。

まず考える

ギャンブル依存症の根本の問題点は日常生活が成り立たなくなる事です。

 

それに至る原因としては「借金(お金)」「人間関係(嘘)」「時間の浪費」が3大要素かと思います。つまり、お金と人と時間を失う病気です。

 

それをわかり易く伝えるメッセージにしなければいけません。それこそ通りすがりに見て頭に残るような、ラジオで聞いても残るような言葉ですね。

 

という事で考えてみました。

発想をそのままに

それではまず、既存のキャッチフレーズを参考にしたものになります。

ムリ。ゼッタイ。

f:id:NICK8000:20180923222827p:plain

薬物乱用の防止の発想そのままです。

 

「絶対ムリ」というのは、勝ち続けるという幻想や、借金をギャンブルで返そうという妄想に対しての「ムリ」です。

 

これでギャンブル依存性の啓発をする方がムリですね。。

借りたら打つな。打つなら借りるな。

f:id:NICK8000:20180923222845p:plain

「飲んだら乗るな。飲むなら乗るな。」の飲酒運転撲滅キャンペーンの発想です。

 

そこまでゴロは良くないですが、ギャンブルは借金をしてまでする物じゃないというメッセージです。画像は少しポップになり過ぎました・・。

ギャンブルやめますか?それとも人間辞めますか?

f:id:NICK8000:20180923222916p:plain

麻薬撲滅運動の発想そのままです。

 

これも未だに頭に残っているフレーズで、人間やめないといけないくらいおかしくなるのかという怖さを感じるフレーズですよね。

 

ちなみに限定された2択の提示は「2者択一法」といって心理学でよく使われる手法です。これにより「辞めない」という選択肢を相手の意識から消す事ができます。

 

政治家さんがスピーチの時に良く使う手法です。

発想を変えて

ここからは少し発想を変えて考えてみます。

 

貸すな。借りるな。嘘つくな。

f:id:NICK8000:20180923222934p:plain

ちょっと聖帝サウザーの名言みたいになりましたね。笑

ゴロが良い言葉は頭に残りやすいです。

 

飲酒運転で ハンドルキーパーというお酒を飲まない人、という言葉が普及しましたが

「マネーキーパー」の様な言葉を普及させ、ギャンブルをする人にお金を貸すな、という注意喚起と共に普及させるのも良いのではないでしょうか。

 

賭けているのは「お金」だけですか?

f:id:NICK8000:20180923222957p:plain

お金以外にも失う物があると気付いてもらうためです。

 

個人的にはこれが一番気に入っています。

 

ギャンブルをしているときは勝ったか負けたかしか考えていないので「何時間浪費したか」という 考えも出来る様になればいいかと思います。

いつ辞めますか?今でしょ。

f:id:NICK8000:20180923223247p:plain

我ながら恥ずかしい位に安直なフレーズですね・・。自分の引き出しのなさに絶望しています。

 

ただ林先生も昔はギャンブルにハマっていたようなので、本人出演のポスターになれば良いかもしれません。

 

ただこれではギャンブル依存症の怖さは全く伝わりませんね・・。

ねぇ早く帰ってきて。 

f:id:NICK8000:20180923223220p:plain

失っている時間に気付いてもらう投げかけです。

 

家族がいれば気付きがあるかもしれませんね。ただそれで止まるとは思いませんが、考えるきっかけにはなるかもしれません。

最後に

後半はキャッチフレーズですらなくなっていました。 

 

内容だけ考えて書き始めましたが、自分の引き出しのなさに震え上がりました。文字もエヴァンゲリオンのパクリの様なものしか思いつかず・・またリベンジします。

 

自分でもどこに向かっているかはわかりませんが、いつかギャンブル依存症撲滅キャンペーンが始まったら真っ先に応募します。

 

こちら見て頂きありがとうございました!

それでは!