【調べてみた】ギャンブル衝動に季節変動はあるのか

f:id:NICK8000:20181004115356p:plain

こんにちは!

いつも見て頂きありがとうございます!

 

ようやく秋らしくなってきましたが、今年はどんな秋になるでしょう。食欲、読書、スポーツ、それともギャンブルの秋・・でしょうか。

 

多くの文献で季節が変わると人の気分や行動も変化する、という事は言われておりますが、ギャンブルはどうなんでしょうか。

 

気になって調べてみましたので、今回はギャンブル衝動に季節変動はあるのかについて書かせて頂きます。

一般的な季節変動の特徴

「5月病」なんて言葉もありますが、あれは4月の環境の変化の影響で陥る気分の落ち込みです。ですがそうではなく、単純に季節の変動で気分の上下、行動の変化が起こると言われています。

 

うつ病を始め、単純に気分の変化の季節変動による影響をテーマにした文献なんかも沢山あり、その原因は「日中に受ける光の量」「気温の変化」であると考察されています。

 

単純に気温が変わっただけでも、食欲も変動しますし(10月~1月↑)それによって食事や体重も変化します。あと外出頻度なんかも変わりますよね。

 

他にも季節によって採れるものや採れなくなるものもあるので、身の回りの物の変化もあるかもしれません。

 

この様に季節の影響で、人の気分や行動が大きく変わる事は知られています。

ギャンブル衝動への影響は

では、ギャンブル衝動に対する季節変動はどうなのでしょうか?

 

・・・当然そんなデータはありませんでした。

 

文献を調べる為に、PubMedで「Gambling」と検索してヒットしたのが計7725報(関係ない物も含む)

 

さらに「Gambling Season」にすると10報・・。でも全て関係ない物でした。

 

依存症でくくったり、気温でくくったらあるのかもしれませんが、「ギャンブル行動の季節変動」のデータは間違いなくないですね。

 

よくよく考えると、これだけ四季がはっきりしているのは日本特有です。

 

という事で!

 

ギャンブル衝動の季節変動は、日本でデータをとればかなり貴重な内容になるのではないかと思います。

どうやって調べるか

ギャンブルの意欲という視点だけであれば凄く簡単で、よく痛みなんかに使われる「VAS」を使えば良いのではないでしょうか。

 

私が受けた認知行動療法でも使われていたやつです。下に示します。

f:id:NICK8000:20181004123702p:plain

これで自身の状態を0~100までで示してもらい、状態を評価するというものです。

 

よく数値化できない様な自身の感覚である「痛み」「食欲」なんかの評価でこのVASスケールが使われています。

 

なので単純にこれを1年間聞き取って調べれば面白いデータが出来るのではないでしょうか?

 

当然、環境変化や年間のイベントの要因は除外できませんが、それも含めて考察できるのではないかと思います。

予想してみる

勝手に予想してみるなら、季節というよりも環境の変化による影響が大きいのではないかと思います。もうそればかりは仕方がないです。

 

私自身の引き金が「お金」だったので、6月や12月等のボーナス支給月はギャンブル意欲が高まる時期ではないかと考えます。

 

また、比較的時間に余裕のできる「GW」「お盆」「年末年始」等の時期も意欲が高まるのではないでしょうか。

 

あとそれに気温の推移や他文献での鬱病の発症率の月次推移のグラフを重ねてみて何か傾向が出れば面白いですね。

 

もしこれがわかれば、そこに限定した対策や治療のアプローチが出来る様になるので、依存症治療の分野もエビデンスに基づいて大きく前進できるのではないかと思います。

 

・・誰目線だッ!

 

って感じですね。笑

たまに自分自身が患者である事を忘れたように書いてしまいます。失礼しました。

最後に

病院によっては1年で〇報文献を書きなさい。等言われているケースも有ると聞くので、もしネタに困っている方は是非この「ギャンブル衝動の季節変動」について論文化してください。データの規模次第ではかなり面白い物になるかと思います。

 

まだ誰も出してません!

日本でしかできない調査です!

切り口は「環境」「気温」「金銭面」等いくらでも考察できるので、時間こそかかりますがかなり扱いやすい内容です!

 

私はただのサラリーマンなのでこんな調査はできませんが、案ならいくらでも出せます。また何か思いついたら書かせて頂きますので、たまに見て下さい。

 

こちら見て頂きありがとうございました!

それでは!