田中紀子(RICO)さんにブログについて聞いてみた

f:id:NICK8000:20181010213619p:plain

こんにちは!

いつも見て頂きありがとうございます!

 

以前ギャンブル依存症に関して、人の役に立つにはどうしたら良いか考えていると書いていましたが、

 

それなら第一線で活動されている方に直接聞いてみよう!と思いギャンブル依存症問題を考える会の代表理事である田中紀子さんに電話して聞いてみました。

 

変な電話にも関わらず親身にご対応頂きました。本当にありがとうございました。

 

今回はその時聞いてきた内容を書かせて頂きます。

※電話の内容をブログに書く点、実名で書く点について直接ご許可頂いております。

RICOさんについて

ギャンブル依存症について知っている人なら皆さんご存知かと思うので、あえてプロフィール等は触れませんが、RICOさんはギャンブル依存症問題を考える会の代表理事をされており、社会活動も含め第一線で活躍されている方です。

 

ちなみにギャンブル依存症問題を考える会は、Googleでギャンブル依存症と打つと、対策基本法の次に表示されます。凄いですよね。

f:id:NICK8000:20181010215427p:plain

私がRICOさんについて知ったのは、ブログを見たのがきっかけでした。ちなみにそのブログはこちらです⇒in a family way


ご自身の事を全く誇示する事なく、むしろご自身を「ブルドーザー」だと例えていたり、「いいですか~」というまるで直接話を聞いているかの様に感じる文章が特徴的です。

 

ブログ以外でも、ギャンブル依存症の治験で通院していた際に依存症専門看護師さんから「田中さんはご存じですか?」と聞かれたことがありました。

 

その看護師さんはRICOさんと話したことありますよ!と嬉しそうに話されており、なんでも看護師さんが言うには

 

「熱い方でずっと息つく間もなく話されるんですよ。本当マシンガンの様な方ですよ。」と話されていました。

 

それを聞いてからはずっと、

 

ブルドーザーマシンガンって・・どんな人なんだろう。と今日まで思っていました。

何を聞きたいか

元々の疑問としては、自分はどうやって今ギャンブル依存症で困ってる人の役に立てるのか?でしたが、いろいろ考えた結果、今自分が出来る範囲の事をまずはやっていこうと思いました。

 

そうなると、自分にできる事は仕事終わりにやっているこのブログになります。つまりは情報発信(疾患啓発)活動です。

 

RICOさんの活動団体も、単に当事者や家族の支援だけでなく社会への啓発にも積極的に取り組まれています。

 

なのでブログでの啓発活動についてご意見を頂いてみる事にしました。

いざ電話!!

電話をするまで

 

「いや、どう考えても迷惑だろ。」

 

と何度も電話は止めとこうかと思いましたが、この様な個人のブログで依存症について書くのはどうなのか?とずっと気になっていたので思い切って電話しました。

 

「プルルルル・・」

 

「はい、もしもし」

 

「あ、すみません。私ブログをやっている(本名)と申します。ギャンブル依存症の情報発信について代表の田中様にご意見賜りたいのですが、少しだけお時間頂けないでしょうか?」

 

「あ、あたしが田中ですけど。」

 

予想外過ぎて、一瞬フリーズしてしまいました。お電話のアポイントを頂くつもりが、あんなご多忙でも普通にお電話出られてるんですね。

発信すべき情報

お忙しそうだったので、はっきりとお伺いできたのは下記の2点だけになります。

 

「個人のブログでギャンブル依存症について発信する事に対してはどう思われますか?」

 

 「どんどん発信して良いと思います。自分が受けた治療や病気の体験談に、正しい・間違い等はないので、積極的に発信して下さい。この治療が効くなんてものも人によって違いますからね。」

 

「ブログでギャンブル依存症の疾患啓発をするならどんなメッセージが良いとかはありますか?」

 

「第一にギャンブル依存症は病気であるという事を伝えるべきかと思います。あとギャンブル依存症を治すにはまず人とつながる事が大事だという事、あと自助グループというものがあるという事、最後にご家族が借金の肩代わりはしてはいけないという事ですかね。」

 

いつもRICOさんがブログに書かれている内容ですね。

 

前者2つについては私もこのブログに書いてきましたので、やっぱり自分が体験した治療の事や依存症の時の体験談なんかが疾患啓発に少しでも繋がっていくと聞いて自信を持てました。

 

この後他にも少しだけお話させて頂きましたが、おおまかにはこんな感じでした。

 

ちなみにこの電話の中で唯一RICOさんから指示頂いた事があります。それは電話を切る直前でした。

 

「お時間頂きありがとうございました。」

 

「あ、私の事を先生とかで書かないでくださいね。RICOさんでお願いしますよ。RICOさんね!」

 

承知しましたRICOさん。

 

最後までパワフルな方でした。貴重なお時間をありがとうございました。

最後に

普段から社会活動をされている方とお話出来て、自分が人の役に立つ為に何をするべきか明確になりました。

 

私は人の役に立つなら何か大きい事をしなければと考えてしまっていましたが、実際は無理に大きな事をしようとせず、継続できる範囲でしっかりとしたメッセージを伝えていくべきだと感じました。

 

これからもいろいろ考えながら誰かの役に立つ様なブログにしていきたいと思います。

 

いつも見て頂きありがとうございます!

それでは!