一生秘密ブログ

20代でギャンブル依存症、借金、自己破産を経験しました。今同じ悩みを持つ方のお役にたてれば幸いです。

ギャンブルは結果的にストレスになる件

f:id:NICK8000:20181016142158j:plain

こんにちは!

いつも見て頂きありがとうございます!

 

皆さんは「受動ストレス」と言う言葉を聞いたことがありますでしょうか?

 

ご存じない方も「受動喫煙」なら聞いた事があるかと思います。あれは人が吸ったタバコの煙を吸い、2次的に喫煙をしてしまうという物です。

 

実はストレスでも同じ現象が起こるようです。それを「受動ストレス」と言うそうです。

 

今回はギャンブルと受動ストレスについて書かせて頂きます。

ネガティブな情報と受動ストレス

ストレスは自分に向けられた批判や、辛い出来事によって受けるものと思っている人は多いかと思います。

 

ですが、多くの実験で他人への批判他人の不幸な体験などの情報に触れるだけでも受動的にストレスを受けるという事がわかっています。

 

また実際に人がネガティブな情報に触れた時は、ストレスを感じた時に発散されるコルチゾールというホルモンが体内で増加する事も確認されています。

 

つまりは他人のストレスは伝染するという事です。

その伝染したストレスが受動ストレスと呼ばれています。

 

ストレスが過剰に溜まれば、免疫力が下がって体調が悪くなったり、メンタル面でダメージを受ける事で行動力が落ちて日常生活にも支障をきたします。

 

更にはストレスが増えると記憶力が落ちる等、海馬を中心とした脳の機能低下も確認されているそうです。

 

自分に悲しい事や辛いことが起きた訳ではないのにストレスを感じてしまうというのは、人間の共感力があってこそだと感じますが、こういったマイナスな一面もある様です。

極力避けた方が良い

じゃあ単純にネガティブな情報は避けた方が良いと考えますが、そう簡単にはできません。人はポジティブなものよりも、ネガティブなものの方が反応しやすくなっています。

 

大体人が興味が感じるものはネガティブな情報である事が多いです。

 

また、マサチューセッツ大学が受動ストレスレベルを測定した実験では、ポジティブな感情よりもネガティブな感情の方が7倍も感染力が強いという事もわかっています。

 

この結果、ネガティブな情報を紹介した方がテレビの視聴率や、ブログの閲覧数も増えるので、私たちの身周りにはネガティブな情報であふれおり、簡単には避ける事ができません。

 

実際私のブログも「リストラ」「借金・自己破産」といったタイトルを付けた時の方が圧倒的に閲覧数が多いです。

 

※このブログでは出来るだけ受動ストレスをまき散らさない様に、極力暗い話でも明るく書くように意識していますm(_ _)m

ギャンブルでの受動ストレス

特にこの受動ストレスを受けやすい場所を考えた時に「パチンコホール」が浮かびました。

 

パチンコなどのギャンブルは胴元が一定の利益を抜いている以上、大半の人間は負けます。つまりは大半の人間がストレスを抱えています。

 

実際パチンコホールに行ったら台を殴っている人がいたり、動画でもハンマーおじさんという人が昔話題になりましたが、頭がおかしくなってしまう様な人も出てくるほどの空間です。

 

普段のストレス発散という理由でパチンコ・スロットをやっている人も多いと思いますが、実はこの受動ストレスの影響で余計にストレスを受けているのではないでしょうか。

 

その結果余計にストレスが溜まり、またストレス発散の為にと言う理由でギャンブルをする認識の歪みを伴った悪循環陥っている人も多いかと思います。

 

パチンコホールを悪く言うつもりではありませんが、他人から受ける影響を加味するとあそこは「受動喫煙」と「受動ストレス」の巣窟ではないかと思います。

 

私も7年間ホールに通い続けていましたが、確かに行かなくなってからむしろストレスは劇的に減りました。

最後に

パチンコホールに行く前と行った後でストレスレベルを測定してみる様な研究があれば面白いんですが、当然そんなものはなかったです。

 

ただもしストレスが理由でギャンブルをしているだけなのであれば、実際はむしろギャンブルが原因で余計にストレスが溜まっている人も多いのではないでしょうか。

 

もっと良いストレス発散方法は他にもありますのでこの機会に探してみてください。

 

私も改めて、あまりネガティブな情報ばかり発信せずに、暗い話は少しでも明るく書くようにしようと思いました。

 

いつも見て頂きありがとうございます!

それでは!