一生秘密ブログ

20代でギャンブル依存症、借金、自己破産を経験しました。今同じ悩みを持つ方のお役にたてれば幸いです。

ギャンブルを止める為に生きてるわけじゃない

f:id:NICK8000:20181018001550j:plain

こんにちは!

いつも見て頂きありがとうございます!

 

皆さんはQOLと言う言葉をご存知でしょうか?

 

このQOLとはQuality of Lifeの略語でつまりは生活の質と言う意味です。

 

医療の現場では、このQOLを向上させる事が、様々な疾患の治療における最終目標であることが多く、私はギャンブル依存症の治療もこの目標は同じだと思っています。

 

今回はギャンブル依存症の治療とQOLについて書かせて頂きます。

医療の現場でのQOLの向上

そもそも何故病気を治すのかと考えると病気によって日常生活に支障が出ているからかと思います。

 

例えば風邪をひけば、喉の痛みや鼻水が止まらなくなりその結果、喉が痛くて集中力が落ちる、人と話しにくくなる、疲れやすくなり長時間活動できなくなる、といった理由により日常生活に支障がでます。つまりは生活の質が落ちている状態です。

 

病気を治療する本来の目的は、この落ちた生活の質を向上させる為と病院などでは言われております。

 

風邪の場合は一時的なものですが、例えば糖尿病ではどうでしょう?糖尿病は一度発症すると一生付き合っていかなくてはいけないと言われており、著しく生活の質は下がります。

 

今まで好きなように食べてきた食事も決められた食事療法を守らなくてはいけない。場合によってはインスリンを毎日打たなくてはいけない。それでも血糖コントロールがうまくいかなければ、神経障害がおこり、失明の可能性が上がり腎臓病により透析になり・・・と考えるだけでも生活の質が下がる事がよくわかる病気です。

 

ただ、そんな糖尿病の治療目標も当然QOLの向上なんですよね。

 

一生付き合っていく病気であっても、出来る限り普通の人と同じように生活を出来る様にする事治療の目標です。 

ギャンブル依存症のQOL

当然ギャンブル依存症も病気な訳ですが、これもQOLが著しく低下する病気ではないでしょうか。 

 

お金がどんどんなくなっていく訳ですからね。お金は当然生活の質に直結するので、著しく生活の質は下がります。

 

あと、人間関係も壊れていく病気なので、その辺も加味すれば恐ろしく普通の生活ができないレベルにまで下がるかと思います。

 

普段ギャンブル依存症を治療する中では「どうやって辞め続けるか」を考える事で精一杯なのでなかなか考える機会はないかと思いますが、個人的には依存症を治療する最終的な目標も、

 

ギャンブル依存症によって下がったQOLを向上させる事。

 

ではないかと思います。

QOLを高めるためには

単にギャンブルを止めたからといって生活の質が向上するわけではないかと思います。ギャンブルを止めるだけでは、

 

今まで無駄に減り続けていたお金をストップさせる事ができた。 

壊れ続けていた人間関係を現状維持にする事ができた。

 

といういわゆる下げ止めの状態であると思います。

 

普通の人と同じ様に生活するには、ここから更に

 

借金を返済して、好きな事にお金をかけて楽しい生活を送る事。

ギャンブルで壊れた関係を修復、もしくは新しい人間関係を作る事で豊かな交流をする。

 

事でようやく普通の生活の質まで向上させることができるのではと思います。

 

ギャンブルを断ち続ける事は当然で、大事な事ですが、それにとらわれ続けて生活の質が落ちたままでは本来の治療の目標から外れていないか?と思います。

 

少なくとも私は、当然ギャンブルは辞め続けますが、今後もギャンブルを止め続ける事を目標に生きていくつもりはありません。

ギャンブル依存症以外の方と同じように普通に楽しく過ごす事を目指します。

最後に

私は、単純にギャンブル依存症が回復に向かうだけで全ての問題が解決する訳ではなく、人生が急にハッピーな方になる訳でもないと思っています。 

 

単に止めるだけでは今まで「ー」になっていた流れが「0」になっただけです。本当の治療の最終目標はこの「0」をどうやって「+」にしていき、普通の生活に戻していくかだと思います。

 

私自身もまだ仕事に振り回されたり、なかなか普通の生活はさせてもらえませんが、この「+」を目標に今後も回復していきたいと思います。

 

いつも見て頂きありがとうございます!

それでは!