一生秘密ブログ

20代でギャンブル依存症、借金、自己破産を経験しました。今同じ悩みを持つ方のお役にたてれば幸いです。

人生は加点方式だと信じている件

f:id:NICK8000:20181018234837j:plain

こんにちは!

いつも見て頂きありがとうございます!

 

私は20代で人生における大きな失敗をしてしまいました。

 

多額の借金。大事な時間の浪費。大切な人への多くの隠し事。

 

もし人生が減点方式なら私の人生はこのまま一生0点のまま終わっていく事になります。

 

でも私はそうは思いません。

 

今回は人生は加点方式だと信じている件について書かせて頂きます。

過去の失敗

私はギャンブルに依存してしまい20代にして多くの物を失いました。

 

失ったものをざっと計算してみると

 

「約600万円のお金

 

「約5040時間という時間

 

「約2500回の嘘をついた事による信用」

 

人生が減点方式なら私の人生はもう終わってしまいました。

 

でも、私はまだ終わっているとは思いません。

 

それは人生は加点方式だと信じているからです。

人生の評価

他人から見れば「いやお前はもう終わってるよ。」と言われるはずです。当然人は他人の失敗には冷たいですからね。

 

1度でも大きな失敗をした人は、こいつは終わったとレッテルを張られるものだと思っていますし、自覚しています。でもそれはそれで良いと思える様になりました。

 

今では、せっかく自分の人生なので、大事なのはこれからの自分自身の評価だと思っています。

 

自分が加点方式だと思えばそうな訳で、どうせ自分を評価するなら加点していく方がこの先の人生が有意義になるかと思います。

加点方式だと信じる

人生が加点方式と捉えれば良い事しかありません。捉え様によっては開き直りとも取れますが、当然後悔・反省はしますが評価とは別と考えます。

 

実は野球でイチロー選手がこの様な考え方をされていました。

 

長くプロ野球世界の第一線で活躍していると、当然大きな失敗や、批判も受ける訳ですが、そんな中イチロー選手がモチベーションを維持するために意識したことは、打率を上げる事ではなかったそうです。

 

安打数を伸ばす事。

だけを意識してきたそうです。

 

打率は失敗すれば下がります。ですが、安打数は失敗しても下がる事はありません。増える一方です。なので、イチロー選手は自分が長くモチベーションを維持するために安打数だけを意識し続けた、と話されていました。

 

私はこの話は人生も同じだと思います。

 

どんなに失敗しても人生は加点方式だと信じる事で、過去の失敗を糧にして、いかに今後加点をつけていくかと前向きに考えれる様になると思います。

最後に

こんな私の絶望的な人生でも捉えようによっては、まだまだこれからだと思う事ができます。そしてその捉え方は自分で決めれます。

 

なので私は勝手に加点方式だと捉えるようにしました。

 

これからお金も、家族も、うんと大事にして生きていくつもりです。時間も今まで出来なかった事をやってみたり有意義に過ごしていきたいと思います。

 

そんな生活の中でもまた失敗をしてしまう事もあるかと思いますが、加点する事だけを意識して死ぬ瞬間に100点満点の人生にできればいいな、と思います。

 

なので、その為にもまだまだ長生きして良い事を沢山経験していける様に頑張ります。

 

いつも見て頂きありがとうございます!

それでは!