一生秘密ブログ

20代でギャンブル依存症、借金、自己破産を経験しました。今同じ悩みを持つ方のお役にたてれば幸いです。

【調べてみた】パチンコホールが客に依存させる為にやっている事

f:id:NICK8000:20181102005651j:plain

こんにちは!

いつも見て頂きありがとうございます!

 

前回【調べてみた】スロットの計算しつくされた依存システムに驚愕した件でスロットの計算された依存性について書かせて頂きましたが、

ではそれを設置しているホールは何も考えていないのでしょうか?

 

当然のことながらそんな事はなく、置いてあるものやシステムまで全て顧客にお金を使ってもらう様に仕組まれています。

 

今回はホールが依存させる為にやっている事についても調べてみましたので、書かせて頂きます。

ホールの戦略

当然パチンコホールはボランティアではなく、娯楽の提供という名の元に商売としてやっています。そうなれば当然マーケティング戦略という物も考えているはずです。

 

パチンコ屋で利益を上げる為には、

 

①多くの顧客に来てもらう事

②顧客に長く遊戯してもらう事

多くのお金を使ってもらう事

③リピート率を上げる事

(≒依存させる事

 

が重要になります。

 

①は立地や口コミ、広告等ある程度は真っ当にするしかありませんが、②と③については少々下衆な方法が用いられているようです。

ホールの設置物

今のホールは凄い便利で、大量の漫画を置いていたり、爪切りや傘の貸し出し、携帯の充電器まで設置されていたります。

 

ただそんな中、不自然にもほぼ全国のホールで絶対に置いていない物があるのをご存知ですか?

 

それは時計です。

 

実はパチンコホールには時計を置かない。が鉄則のようです。

 

確かに言われてみれば、私も7年でいろんなホールに通いましたが、一度も見た事がないように思います。

 

これにも当然意味があり、客に長くいてもらう為に時間を意識させない工夫だそうです。

 

同じ様に顧客に長くいてもらう為の工夫として、他にも「窓をつくらない」という事もされている様ですね。入り口付近以外は、間接照明の光しか当たらない様に工夫されているみたいです。

 

これだけ考えてホールが作られているなんて思いもしませんよね。

仕掛けられた色の罠

過去の記事でも触れた「Differential Effects of Red and Blue Coloured Lighting on Gambling Behaviour」という文献でも、赤色はギャンブル場での賭け金の増加をもたらす色であるという事がわかっていますが、

 

皆さんはホールの設置物の色を意識的に見たことがありますか?

 

自動ドアを入った時の玄関マットの色は?

ホール内の壁紙の色は?

ドル箱の色は?

 

恐らくほとんどが赤い色です。

 

顧客が最初に入ってくる入口、台を探して歩いている時に見る壁、出玉をチェックする際に見える箱、これには必ず店の戦略が隠れています。

 

もちろん大当たりを表す「777」の図柄の色も・・・。

 

人の心が揺れ動いている所には必ず「赤色」が仕掛けられています。

何故パーソナル化しないのか?

パチンコ・スロット をしていた時に、なんでこの店は儲かってそうなのにパーソナルシステムを導入しないんだろ?と疑問に思ったことがありました。あれを使った方が、パチンコなら出玉に触れなくていいし、球数の管理もし易いし、何より台移動が楽です。

 

何故未だに多くの店は導入しないんでしょうか?

 

これは「導入しない方が店にとって得だと判断しているから。」だそうです。

 

赤色のドル箱に入った大量のメダルやパチンコ玉は顧客のギャンブルへの興奮を掻き立てます。単なるデジタル表示の4000枚よりもドル箱が5,6箱積まれている方が客同士の刺激になる、と多くの店が考えているという事ですね。

 

顧客の利便性よりもいかにお金を落とさせるかを優先する、という様な考えが垣間見える所かと思います。

最後に

色々書きましたが「ハマりやすいように仕組みやがって!!」とホールに向けて怒るのは少し違うのかな、と個人的には思っています。

 

向こうは完全に商売でやってますからね。商売なら何をやっても良いという訳ではありませんが、あくまでもこれらはマーケティングの範疇なのかとも思います。

 

例えばスーパーでも顧客の購買意欲を刺激するように「動線は時計回りに」「入り口にはフルーツを置く」「お買い得品は赤字で」が鉄則だったりします。

 

世の中の物はだいたいがそうなるように意図的に仕掛けられています。なので重要なのはそれを知っておく事。騙されない様に準備をしておく事。だと思います。

 

是非皆さんも今一度注意してまんまと罠にかからないようにしましょう。

 

いつも見て頂きありがとうございます!

それでは!