一生秘密ブログ

20代でギャンブル依存症、借金、自己破産を経験しました。今同じ悩みを持つ方のお役にたてれば幸いです。

【顔認証システム】製造メーカーに電話して聞いてみた

f:id:NICK8000:20181107011407j:plain

こんにちは!

いつもみて頂きありがとうございます!

 

皆さんはパチンコホールでの「顔認証システム」についてご存知でしょうか?

 

これは実際にホールでの顧客管理に使われている様で、調べれば簡単に出てきます。

 

実は2015年にオムロンが、この顔認証システムを使った依存症対策システムを発表していたので、今回はそのシステムについて書かせて頂きます。

またわからない事も多かったので、その点は実際にオムロンの本社に電話して確認してみました。

顔認証システムについて

オムロンは顔認証システムの技術が凄いようで、実際にパチンコホール向けの顔認証システムという物も販売されています。

 

顔の向きや照明、肌の色に関係なく、年齢や性別等の判断も可能で、細かい顧客管理ができると謳われております。またゴト対策としてブラックリストの顧客のアラーム設定なども出来る様です。

 

ちなみにこの顔認証システムをホルコンと連動させて遠隔をしているという話をする人もいますが、ほとんどが「知り合いの店長が~」「友達の従業員が~」等とソースも不明で、信憑性の低いものばかりです。個人的には遠隔なんてものはほとんどないと思います。そもそも遠隔操作をしてるなら、法律違反してまでパチンコの釘を曲げたりする必要ないですからね。・・長くなりそうなので、その辺の話は今回は省きます。

 

で、本題です。

 

そのオムロンが2015年に顔認証システム「Ma:sus(マーサ)」を活用したのめり込み防止システムを発表していました。(詳細のリンクを張りたかったのですが、勝手に貼っては駄目そうなので調べてみてください)

オムロンが発表した依存症対策

このシステムは、本人や家族から申請があった顧客の顔を登録しておくと、認証システムで対象者の来店を店側に通知したり、本人や家族へのめり込み防止を促すメールを配信ができます。登録顧客ごとに来店頻度や滞在時間まで細かく把握できる様ですね。

 

普通に考えれば結構怖いシステムのように感じますが、昔からスタッフさんがバインダーを持って島ごとに顧客情報を書き込んでるのはありましたからね。あれをロボットでやってると考えれば特に変わった事ではないのかと思います。

 

何より、本来であればのめり込みを防止すれば自社の売上げが落ちるはずなのに、こんなシステムを作った事が凄いと思います。

 

ただこのシステム・・・

 

2015年に発表した。と言う情報があるだけで、その後商品化されたのか?実際に導入されているのか?という肝心の情報は一切ありません。

 

なので・・オムロンの本社に電話して聞いてみました。

電話してみた

私は気になると調べたくなる性格なので、自分でもバカだとは思いましたが、すぐに本社に電話しました。

 

「プルルル・・・」

 

「はい、お電話ありがとうございます。」

 

「あの御社の商品についてお伺いしたいのですが・・。」

 

その後、個人か法人かを確認されて営業担当に繋いでもらいました。

 

「のめり込み防止システムのマーサについて教えて頂きたいのですが。」

 

「はい、どうされましたか?」

 

「2015年に発表されたという記事を読んだのですが、実際に商品化されたり、ホールに導入されてるんでしょうか?」

 

「あ、え~っと。お客様が使われたいのですか?」

 

話がややこしくなると思ったので、ギャンブル依存症の人をこのシステムを使ってのめり込み防止できないか考えており、実際に運用されているか知りたいと伝えました。

 

「そうなんですね。こののめり込み防止システムは実際に商品化してますし、全国のホールで導入も頂いています。」

 

「ただ、どこのホールで使われているかはお調べしないとわかりません。あと店舗名までお伝えできるか・・。」

 

「あ、店舗名までは顧客情報になるかと思うので大丈夫です。実際に導入されているかを知りたかったので。」

 

「あと、もし導入しているなら、こののめり込み防止システムはどう使えばいいのですか?どこから登録できるかという情報が一切ないんですが。」

 

「私どもでは・・・わかりかねます。・・もしかしたらホールさんの方で書いてあるか・・・いや・・ないですかね。どうなんですかね。」

 

「他の担当者が不在なのでちょっと今はわかりかねます。すみません。」

 

後日回答頂けそうでしたが、何となく状況は分かったので今回は断りました。

 

ちなみにオムロンの担当者さんは本当に丁寧で親切でした。こんな変な電話にご対応いただきありがとうございました。

活用・・してる?

噛み砕いてまとめると

 

のめり込み防止の機能もある顔認証システムは2015年以降商品化もされており実際にホールに出回っているようですが、本来ののめり込み防止機能は活用されていない、という事がわかりました。

 

オムロンの担当者も、このシステムへの登録の仕方がわからないそうで、ホールに任せていそうですが、実際にこの様な事を開示してるホールはなさそうです。

 

つまりは形だけの依存症対策になった様です。

 

確かにホールとしても「顔認証システム」の単語は出したくないでしょうからね。

 

のめり込み防止の為に来店頻度や滞在時間を管理して連絡できます!

下記URLからメールアドレスを登録してください!

 

って誰も登録しないどころか、クレーム凄そうですもんね。

 

こんな凄いシステムを活用しないのはもったいないと思いますが、ホールのメリットがなさすぎますね・・。

最後に

この様な形で、同じギャンブル市場での商売でも、この様な依存症対策のシステムに(一瞬)注力した会社もあります。

 

これだけの依存症マシーンを作る日本の技術があるなら、その依存症を防ぐ事ができる技術もあるはずだと思います。

 

いつかは日本の会社が力を合わせてギャンブル依存症対策が出来る日が来る事を願います。

 

いつも見て頂きありがとうございます!

それでは!