【調べてみた】男女で違う?!ギャンブルをやってしまう理由

f:id:NICK8000:20190103215117j:plain

こんにちは!

いつも見て頂きありがとうございます!

 

今回はギャンブル依存症の男女の違いについてです。

 

動画も作っていたのですが、先にブログで書こうと思います。

男女で違いがある

実はギャンブル依存症のデータとをった時に男女で異なる点が多々あると言われています。

 

10年程前から海外でようやく言われ始め、まだ日本では言われていない様な考えですが、海外では女性向けの認知行動療法プログラムというのもあるそうです。

 

あくまでも傾向というだけなので、見ていて私も「そうかなぁ?」と思う部分はありましたが、せっかく調べたので共有させて頂きます。

1 ギャンブルをする動機

まずギャンブルをする動機です。

 

男女で比較した際に、

 

男性は「正の強化的な動機」

女性は「負の強化的な動機」

 

からギャンブルをする、と言われています。

 

男性の正の強化とは『ポジティブな感情を増加させたい』という意味です。これは例えば「退屈だから楽しくしたい」「お金を増やしたい」「勝ちたい」などの様です。

 

対する女性の負の強化とは『否定的な感情を抑制・回避したい』という意味です。例えば「抑うつを回避したい」「孤独を紛らわせたい」「ストレスを発散したい」などがコレにあたるそうです。

 

この事から男性のギャンブル依存症は「action(能動的)ギャンブラー」

 

女性のギャンブル依存症は「escape(逃避型)ギャンブラー」

 

と海外では言われているそうです。

 

女性の傾向を見て、自分もあったけどな・・と思いましたが、これはあくまでもデータで男女差を見た際の傾向なので、全員がピッタリ当てはまるという物ではないみたいですね。

f:id:NICK8000:20190103212232j:plain

2 ハマり易いギャンブル

ハマり易いギャンブルも違うそうです。

 

男性は『戦略的なギャンブル』を好む傾向があるそうです。

なので「カジノ」「競馬」「スロット」等が好まれやすいそうです。

 

女性は『運が左右するギャンブル』を好む傾向があるそうです。

なので「宝くじ」「ビンゴ」「パチンコ(スロットよりは)」等が好まれやすいそうです。

 

確かに男性は情報を知っているかで勝率が変わるような、戦略的なギャンブルが好きだなとは私も思いました。

 

ちなみに男性は「ギャンブルで勝つ事=勝者」と考える傾向が強いそうです。

 

男性は年収が一種のステータスとも言われますからね。ギャンブルで勝つ⇒お金が増える⇒勝者という感じなんですかね。

f:id:NICK8000:20190103213513j:plain

3 ギャンブル行動の経過

ギャンブル依存症の経過についても差があるそうです。

 

まずギャンブルの開始年齢は女性の方が高い傾向があるそうです。

 

そして依存症になるまでの期間については女性の方が早いそうです。更に治療についても女性の方が早く受ける傾向があるそうです。

 

治療を受けるまでの期間が短いというのは凄いですよね。問題意識が高いという事ですかね?受け入れが良いんですかね?

 

どちらにせよ、この事から女性の方が病識が高いとも考える事が出来そうですね。

f:id:NICK8000:20190103214412j:plain

最後に

皆さんは自分と当てはめてみて、どうでしたでしょうか?

 

本来はカウンセラーや病院のスタッフがギャンブル依存症患者と接する際に知っておくべき傾向として示されている内容なので、私たちがこれを知ってどうこう言えるものではなさそうです。

 

でも今後日本でもギャンブル依存症対策がもっと進んでいけば、今後は女性専用の認知行動療法プログラム等も日本に入ってくるかもしれませんね。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

いつも見て頂きありがとうございます!

それでは!